耐震性について

地震大国日本で一戸建て住宅を建築する際には、その耐震性は無視出来ません。自然災害は避けることは出来ませんが、その対処を万全にすることは出来ます。もしも一戸建て住宅を安心して生活することの出来る場所にしたいのであれば、地震に対する備えは怠るべきではありません。

では、具体的にはどのようなことに注目すべきなのでしょうか。それはその構造です。現在の建築基準法の水準ですと、震度6弱程度の耐震性が最低基準となります。こちらは構造計算書や性能評価書で確認することが出来るため、こちらも確認し、場合によっては建築会社にもコンセンサスを取る必要があります。構造としては木造軸組構造を使っているものが多いです。木材をコンピューター制御した機械で加工しているため、非常に精巧な家が増えています。

さらに、地盤にも気をつけましょう。特に液状化には気をつけてください。しっかりとした地盤を持った家でないと、いくら頑丈に家を作ったとしても、地面からダメになってしまう可能性があります。もしも地盤調査の結果耐震性などに問題があると判明したときにはしっかりと対策をする必要があります。しかし、これにも予算がかかるので、入念な計画が必要です。


〈当サイト関連リンク〉
安心して住み続けられる一戸建てを探している人は、こちらの住宅メーカーを参考にしてみてください。耐震の一戸建てを数多く取り扱っています →→ 一戸建て